Alexa Day 2019 に行ってきた!!

 もう、一週間もたってしまいましたが、2019/04/06 に Alexa Day 2019 に参加したので、気づいた点などを備忘録としてメモを残しておきます。 

 

たどり着くまで…

開催場所は、スペースアルファ三宮さんでした。 行ったことはなかったんですが、センタープラザは知っていたので、分かるだろうと思っていったら、迷ってしまいました。 そもそも、アーケードの中を通って、東館と西館の間あたりから入ったのがいけませんでした。 掃除のおばちゃんに教えられても、少し迷いましたが、再度、守衛のおじさんに聞いてたどり着けました。

スペースアルファ三宮さんのホームページには親切な案内があったので、こちらを確認しておいたら良かった。


受講したセッションのタイムスケジュール

時間 セッション
9:30 開会の挨拶
10:00 Alexa Skills Kit 最新アップデート
 吉田 一茂(KAZUSHIGE YOSHIDA)さん
12:00 ランチセッション
 株式会社サーバーワークスさん
 株式会社ISAOさん
 株式会社ウフルさん
13:00 alexa for backlog enhance を 全部見せます
 伊東 知治(TOMOHARU ITO)さん
14:00 Deep Dive Development Alexa Skill by Node.js
 岡本 秀高(HIDETAKA OKAMOTO)さん
15:00 隣の芝生は青かった?!VoiceUI/UXデザイナーがスキル解剖して気づいたいくつかのこと
 元木 理恵(RIE MOTOKI)さん
16:00 Alexa x 機械学習でスキルをよりリッチにする方法
 清野 剛史(TSUYOSHI SEINO)さん
17:00 Alexa Developer Meeting -スキルのその後とVUXの未来-
 馬勝 淳史(ATSUSHI UMAKATSU)さん
 坂本 知子(TOMOKO SAKAMOTO)さん
 清野 剛史(TSUYOSHI SEINO)さん
 小栁津 麗欧(REO KOYAIZU)さん
18:00 閉会

 

メモした事

Alexa Skills Kit 最新アップデート
  • Alexa 搭載デバイスは、1憶台!
  • Alexa for Windows10 も Microsoft Store にあるよ
     → 「Amazon Alexa」って名前であった
  • Skill は 2500+
  • スマホの Alexa なら、Location API を使用することで、位置情報も取れる
  • Automotive Property で車の中か、外化の判別も可能
  • スキル内課金:日本は未対応
  • Blueprints 日本では 8 種類のみ対応 (徐々に増えていくと思われる)
  • Blueprints の カスタムQ&A では呼び出し名がない = スキルを名前で開く必要がない
  • 開発支援も続々強化中
     Alexa-hosted スキル (Cloud Watch、S3 も制限はあるが利用可能)
     発話プロファイラ
     インテントチェーン
     動的エンティティ
  • Alexa 開発者サイト

  • 入門者向けおすすまコンテンツ

  • Alexa は「人 と IT の新しい接点」
ランチセッション(株式会社ISAOさん)
  • Design Sprint は相性がいいかも。
  • Design Sprint とは、新製品、サービスや機能を市場に投入する際にリスクを減らすことを目的に、デザイン志向をベースに開発された

    もっと深く知る必要があるなと、検索してみた

ランチセッション(株式会社ウフルさん)
  • 来客を m5Stack で検知して、Alexa と組み合わせた受付管理システム
alexa for backlog enhance を 全部見せます
  • Backlog for Amzon Alexa(課題管理ツール 「バックログ」を音声で操作するためのスキル

  •  

    自身の進捗や全体の進捗を教えてくれる
  • 「アシスタントが実装すべきは、機能ではなくノウハウ」
    Be a Adviser!
  • Code Star、いいよ

Deep Dive Development Alexa Skill by Node.js
  • もう、すごいボリュームでした。 Speaker Deck で公開されています。
    メッチャ有難い!! ありがとうございます。

隣の芝生は青かった?!VoiceUI/UXデザイナーがスキル解剖して気づいたいくつかのこと
  • ユーザーへのサジェストは大事
    どう話しかけたらいいか、言い方の例や後いくつ登録できるとか
    簡潔にすべきだが意識しすぎると使い方がわからなくなる
  • ワンショット起動や目的に沿った発話は大事
  • 対象者に使ってもらったり、直接聞いて改善していく
  • 途中で、ワークもあって楽しかった
  • スキルを使って、解剖して、再構築することは、すっごく勉強になるし、実践に使える
  • 目指せ! 三高!!
      クオリティが高い ・ リテンション率が高い ・ 独自性が高い
Alexa x 機械学習でスキルをよりリッチにする方法
  • さすがに、せーのさん、笑いどころ満載でした
  • 主な AI クラウドサービス
    Google Google Cloud Machine Learning
    Amazon Amazon AI
    Microsoft Azure Machine Learning
    IBM Watson Data Platform
  • Alexa はボイスの入り口として特化させて、他ソリューションと連携させる
  • ユーザーが求めているモノ = 便利さ
     自分だけのモノ、趣味嗜好に合わせる

最後に

  • 新名称は、「Voice Con Japan」に決定!!
     Alexa に限らず、VUI/VUX 全般を網羅していくのかな?
     期待が高まります。
  • 今回は、楽しい時間をありがとうございました。
  • 知り合いが務めている  TRAINOCATE の「とれのCAT」で締めくくり。f:id:Omatchan:20190414220328j:plain

 

 

 

 

 

Firebase:サンプルから学ぶ (FriendlyChat:web)

# 本ブログの内容は、2019/03/30 時点の内容となります。

 

先日、Firebase のイベントに行く機会があり、事前学習のために Forebase の公式サンプル Firebase を試してみました。

今回は、その中から「FriendlyChat」を選んでみました。

 

15 のセクションに分かれていて、目安時間は 74 分となっています。 すべて英語なので、英語サイトと翻訳結果を見比べながら進めました。

 

エディタは、Visual Studio Code を利用します。 非常に使い勝手がよく、拡張機能も豊富です。 技術評論社Software Design でも 連載があり、2019年 4月号では特集も組まれています。 人気の高さを物語るかのように、出版社の在庫はない状態のようです。

 


解説は丁寧に書かれているので、概ねはハマるところはありませんでした。

唯一ハマったのは、端末への通知を許可するための cURL コマンドの発行部分でした。

 

ハマりポイント: Windows からの cURL 発行

コマンドプロンプトからの実行では、SERVER KEY や DEVICE TOKEN が長いためなのか、実行すると以下のようなエラーとなった。

 

curl: (6) Could not resolve host: notification
curl: (3) [globbing] unmatched brace in column 1
curl: (6) Could not resolve host: title
curl: (6) Could not resolve host: New chat message!,
curl: (6) Could not resolve host: body
curl: (6) Could not resolve host: There is a new message in FriendlyChat,
curl: (6) Could not resolve host: icon
curl: (3) <url> malformed
curl: (6) Could not resolve host: click_action
<!doctype html>
<!--
Copyright 2015 Google Inc. All rights reserved.
Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
you may not use this file except in compliance with the License.
You may obtain a copy of the License at
https://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0

・・・・・

</div>

<!-- Import and configure the Firebase SDK -->
<!-- These scripts are made available when the app is served or deployed on Firebase Hosting -->
<!-- If you do not want to serve/host your project using Firebase Hosting see https://firebase.google.com/docs/web/setup -->
<script src="/__/firebase/5.7.3/firebase-app.js"></script>
<script src="/__/firebase/5.7.3/firebase-auth.js"></script>
<script src="/__/firebase/5.7.3/firebase-storage.js"></script>
<script src="/__/firebase/5.7.3/firebase-messaging.js"></script>
<script src="/__/firebase/5.7.3/firebase-firestore.js"></script>
<script src="/__/firebase/init.js"></script>

<script src="scripts/main.js"></script>
</body>
</html>
curl: (3) [globbing] unmatched close brace/bracket in column 1
curl: (6) Could not resolve host: to
curl: (3) [globbing] unmatched close brace/bracket in column 153
JSON_PARSING_ERROR: Unexpected character (') at position 0.

 

色々調べてみると、Postman(https://www.getpostman.com/*1というツールがあるのを知り、さっそくインストール。


インストールして、以下のように入力を行い・・・

f:id:Omatchan:20190330141825p:plain

f:id:Omatchan:20190330141852p:plain


[Send]ボタンを押すと、正常に処理されました。

f:id:Omatchan:20190330142159p:plain

 

最終的に外部公開により、スマホとのやり取りができるようになりました。

f:id:Omatchan:20190330145209p:plain

 

まだまだ、写経レベルで、意味を把握しているわけではないですが、非常に便利なので、今後もいろいろ試していきます。

 

 

*1:Postman は Chrome のアプリも存在するようです。 別に機会にこちらも試してみたいと思います。